井の頭恩賜公園第二公園

井の頭公園の歴史(35)

小鳥の森の東側、玉川上水を挟んだ対岸に飛び出した緑地があります。訪れる人は少ないのですが、ここも井の頭恩賜公園の一部です。正式には井の頭恩賜公園第二公園、通称は杉山公園と呼ばれています。

かつてここにあった財団法人 杉山産業化学研究所の横浜市への移転に伴い、井之頭町会が中心となって、「研究所跡地の自然林を、公園緑地として後世に残して欲しい!」と東京都に働きかけました。

その住民運動の成果として、1981(昭和56)年6月1日、井の頭恩賜公園第二公園が開園されました。

井の頭恩賜公園第二公園
井の頭恩賜公園第二公園
財団法人法人杉山産業化学研究所
財団法人 杉山産業化学研究所・建物正面
写真提供:一般社団法人杉山産業化学研究所
奥の柵の向こう側は「玉川上水緑道」
更に奥の玉川上水(右側が上流)の対岸は「小鳥の森」
Posted by あか井の

一言コメント(0)


HN