井の頭恩賜公園西園

井の頭公園の歴史(35)

井の頭恩賜公園に西園が追加開園したのは、1974(昭和49)年ごろです。昔の日産厚生園の跡地も利用されました。

所在は三鷹市です。西園の朝は、地元の人たちの散策、犬の散歩、そしてラジオ体操に始まります。西園には1985(昭和60)年ごろプールが造られましたが、その後廃止撤去されました。西園は少しずつ整備計画に基づき、「健康と文化を育む、スポーツ交流空間の森」を基本理念として、開発整備されて来ました。以前の樹々も大切に残されています。現在は、地域の災害時避難場所にも使われています。

(西園にあるもの)
・スポーツ施設管理センター(管理全般)。
・競技場(トラック一周400m)。その東側にストレッチベンチなどのフィットネスコーナー。雲梯や腹筋台などのトレーニングコーナーがあります。
・テニスコート(8面、有料)。
・三鷹の森ジブリ美術館(予約制、開館日の確認を)。
・文化交流広場(多目的広場、春には種々のサクラの共演が見られます。開園100周年記念植樹のエドヒガンザクラも)。
・野球場(有料。外野のフェンス外側には小高い遊歩道)。
・遊びの広場(児童遊園、ブランコほか)。
・第2駐車場(大型バス、バイクも利用可です)など。

遊びの広場
遊びの広場
競技場
競技場の400mトラック
三鷹の森ジブリ美術館
三鷹の森ジブリ美術館
文化交流広場
文化交流広場。春は花見客で賑わう
Posted by あか井の

一言コメント(0)


HN